PAGE TOP

TOP

ODM/OEMの流れ(開発フロー)

ワンストップの開発フロー
(ODM/OEMの流れ)

経験豊富なプロがお客様のご要望に沿った
スケジューリングをします。

STEP

01

初回お打ち合わせ

新製品、またはブランドのイメージやベンチマーク品、容量などをお伺いし、
ロット数や概算価格、スケジュールを決定します。

STEP

02

処方検討

発売元様から性能などのご希望をヒアリングし、弊社研究室で処方の検討を行います。
処方サンプルを数本提出し、ヒアリング・改良を繰り返します。

STEP

03

資材検討

発売元様で容器や化粧箱のベンチマーク品があれば類似したものをナカノで探し、サンプル提出いたします。デザインは発売元様より版下を提出いただきます。候補容器は弊社にて充填テスト等行います。

STEP

04

容器テスト

容器が決まれば耐内容物テストを行います。その他、化粧箱・内箱、シュリンク・封印シール等の仕様を選定します。最後に工場にて製造の試作を行います。

STEP

05

各種試験を行いながら、
商標の確認等の各種申請

安定性や耐内容物テスト、輸送テストを行います。

STEP

06

処方・容器決定/最終見積もり

処方・容器決定後、御見積書を提出いたします。

STEP

07

発注・納品
(資材納期により変動あり)

資材納期により変動しますが、発売元様から
発注書提出後、3 か月~ 3.5 か月後に納品となります。

STEP

08

納品後も充実した
アフターフォロー

社員の方はもちろん小売店様への勉強会や、製品に使えるPRのネタ提供、ヘアショーなどコンテスト見学など、各種イベントへご招待させていただきます。