PAGE TOP

Column

お役立ちコラム

ODM/OEM TOP

お役立ちコラム

OEMとODMの違いとは?それぞれの意味やメリット・デメリットも解説

OEMとODMの違いとは?それぞれの意味やメリット・デメリットも解説

2023.07.12

OEMとODMは、いずれも委託生産方式を指す用語ですが、それぞれ対応範囲が異なります。
異なる点としては商品の設計や開発を委託側が行うのか、受託側主導のもと共同で進めるのかになり、どのように進めていくかで委託生産方法が変わってきます。
OEM/ODM生産を検討中の方に向けて、両者の違いやそれぞれの意味、メリット・デメリットを解説します。

目次
OEMとODMの違い
OEMとODMの概要
 OEMとは
 ODMとは
OEMのメリット・デメリット
 メリット
  製造設備を持たずに自社ブランド商品を作ることができる
  コア業務にリソースを集中できる
 デメリット
  自社の技術力が成長しにくい
  生産工程を委託するため一定の費用がかかるODMのメリット・デメリット
ODMのメリット・デメリット
 メリット
  製造技術や開発ノウハウがなくても商品の製造が可能
  販促や販売に注力できる
 デメリット
  技術が育たずノウハウが蓄積されない
  商品の価格や利益をコントロールしにくい
OEMやODMに似ている用語
 PB
 ホワイトラベル
 EMS
OEMとODMの生産事例
 OEMの生産事例
 ODMの生産事例
中野製薬オリジナル「ナカノ式OEM/ODM」が選ばれる理由
 “お客様ファースト”に徹したオーダーメイド・カスタマイズ開発
 納品したら終わりではない。充実のアフターフォロー体制
 理美容業界での高い実績と商品知名度
OEMとODMの違いを理解してオリジナル商品を作ろう

OEMとODMの違い

OEMとODMの違いは、基本的に、商品の設計や開発を委託側が行うのか、受託側と委託側が共同で行うのかという点にあります。

OEMは、商品の設計を委託側が行い、受託側のメーカーが商品を製造します。一方でODMは、商品の設計段階から、
受託側と委託側が協業して進める点が特徴です。

ODM対応が可能な受託側は、 OEMに対応することが可能な場合もあります。 しかし、逆の場合はその限りではないことに注意しましょう。OEM専業メーカーの場合、商品開発や処方開発といった企画は請け負えない、または得意としていない 場合も多く存在します。

ただし、最近では、OEMとODMの線引きが曖昧になりつつあります。

OEMとODMの概要

ここからは、OEMとODMの概要を確認していきましょう。OEM・ODMのいずれも、ヘアケア商品を含む化粧品業界やアパレル業界、自動車業界などさまざまな業界で広く採用している製造手法です。それぞれ解説していきます。

OEMとは

OEMとは、「Original Equipment Manufacturing」の頭文字からなる言葉で、委託を受けたOEMメーカーが、委託側の商品を製造することを意味します。基本的に、商品の設計や開発までを委託側元 が行い、受託するOEMメーカーは商品を製造する点が特徴です。

OEMとは?OEM商品を製造する目的やメリット・デメリットをわかりやすく解説
OEMメーカーとは?OEMの意味や発注の注意点を解説

ODMとは

これに対してODMとは、「Original Design Manufacturing」の頭文字を取った言葉で、商品の設計段階からODMメーカーが入り、製造までを行うことです。

ODMとは?OEMとの違いやメリット・デメリット、生産の流れを解説

OEMのメリット・デメリット

OEMとODMの違いや概要を確認したところで、ここからは、それぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

メリット

OEMのメリットは、主に次の2点です。OEMは、委託側が商品の設計を行い、OEMメーカーは委託を受けて商品を製造する方法です。

● 製造設備を持たずに自社ブランド商品を作ることができる
● コア業務にリソースを集中できる

順番に解説していきます。

■製造設備を持たずに自社ブランド商品を作ることができる

OEMのメリットとして、製造設備を持たずに自社ブランド商品を作ることが可能な点が挙げられます。一般的に、生産のために必要とされる人件費や光熱費、設備投資などがかかりません。

通常、質の高い商品を作るためには、企画から製造に至るまでの工程において、相応のコストと労力が必要です。しかし、OEMを活用することで、本来は設備投資にかけるべきコストを削減することが可能です。

さらに、ヘアケア商品を含む化粧品についてもOEMを活用することで、製造・販売における関連法規の十分な知識や化粧品製造許可がなくても、オリジナルのヘアケア商品を作ることができます。この点も大きなメリットといえるでしょう。

オリジナル化粧品での起業はOEMがおすすめ!メリットと成功のポイントを解説

コア業務にリソースを集中できる

コア業務にリソースを集中できる点も、OEMのメリットです。OEMの活用により、委託側は製造工程をすべてOEMメーカーに委託できるため、自社はマーケティングや新商品の開発などのコア業務にリソースを集中することができます。

特にマーケティングは、自社商品の市場価値を高めるために重要です。ヘアケア商品を含むトレンド性の高い化粧品業界では、移り変わる消費者のニーズを定期的に調査し、把握することが求められます。

技術力に定評のあるOEMメーカーに商品の生産を任せ、自社では市場調査や分析に注力することによって、限られたリソースを最大限に活かせるでしょう。

デメリット

ここまで確認したとおり、メリットの多いOEMですが、以下のようなデメリットも存在します。

● 自社の技術力が成長しにくい
● 生産工程を受託するため一定の費用がかかる

それぞれの内容について解説していきます。

■自社の技術力が成長しにくい
OEMは、製造工程を外部に委託する手法のため、商品の製造に関する技術力が向上しにくい点がデメリットといえるでしょう。

もちろん、本来は生産のために必要な人件費や設備投資をかけずに、自社の商品を作ることができる点は大きな魅力です。しかし、製造工程をOEMメーカーに過度に頼ってしまうことは、 自社の技術力の成長を妨げる要因にもなりうるものです。

自社商品を効率的に作るために、OEMメーカーのサポートを上手に活用しましょう。

生産工程を委託するため一定の費用がかかる
OEMの活用による生産工程の外注化によって、商品の生産には継続して一定の費用が必要になります。その条件のもと、さらに原価が高騰すると、それまで確保できていた粗利が減る可能性があるでしょう。

しかし、単に生産を受注するだけにとどまらず、質の良い商品を生み出すためのサポート・アフターフォローまで しっかりと行ってくれるOEMメーカーも存在します。そういったOEMメーカーを選べば、トータルでみると目先の利益率には代えられない、大きなメリットを得られる可能性が高いはずです。

ODMのメリット・デメリット

ODMは、委託側とODMメーカーが共同で、商品の開発から製造までを行う方法です。ODMのメリットとデメリットを解説します。

メリット

ODMの主なメリットは、以下のとおりです。

● 製造技術や開発ノウハウがなくても商品の製造が可能
● 販促や販売に注力できる

順番に確認していきましょう。

■製造技術や開発ノウハウがなくても商品の製造が可能
ODMの活用によって、製造設備や開発ノウハウがなくても、ODMメーカー主導のもと、協業して商品を作ることが可能になります。商品コンセプトから一緒に考えてくれるODMメーカーを選べば、現状の市場動向やこれまでの市場ニーズの傾向などを踏まえた、消費者に響く商品提案を行うことも難しくないでしょう。

またOEMと同様に、ヘアケア商品を含む化粧品を製造するには、製造・販売において関連法規の知
識や化粧品製造許可が必要です。しかし、委託元が化粧品製造業許可や化粧品製造販売業許可を持っていないケースも少なくありません。

ODMメーカーに委託することで、ヘアケア商品などを製造するのに必要な法律関連の知識が十分になくても、オリジナル商品を作ることができるでしょう。

■販促や販売に注力できる
開発から製造までの工程をODMメーカーが主導して進めるため、自社は販促や販売などに注力できる点もメリットの1つです。

新商品を製造したり、既存商品を増産したりする際は、通常は、新たに生産ラインへの投資や人的リソースの補充などが必須でしょう。しかし、ODMの活用により、生産に関わる人員確保などが不要となります。その結果、貴重な経営資源をマーケティングや販売に集中投下できます。

デメリット

ODMのデメリットとして挙げられるのは、以下の2点です。

● 技術力やノウハウが育たない
● 商品の価格や利益をコントロールしにくい

それぞれ確認していきましょう。

■技術力が育たずノウハウが蓄積されない
OEMと同様に、その分野における商品の技術力が育ちにくいことに、注意が必要です。ODMを成功させるには、たしかな技術力を保有する信頼できるODMメーカーを選択し、商品の設計や開発からアフターフォローまで、委託することが重要といえるでしょう。

■商品の価格や利益をコントロールしにくい

ODMは、商品の価格や利益をコントロールしにくい点も、デメリットといえるでしょう。特に販売価格は、自社製造が可能な場合と比べると、高くなる傾向にあります。

しかし、その分は販促や販売に注力できる等の利点もあり、ODMを上手に活用すれば高品質な商品を生み出すことができ、総合的なメリットが大きくなると考えられます。そのためにも、技術力の優れた、信頼できるODMメーカーを選ぶことが大切です。

OEMやODMに似ている用語

OEMやODMに似ている用語として挙げられるのは、「PB」や「ホワイトラベル」、「EMS」などです。 それぞれの用語の意味を解説します。

PB

プライベートブランドとは、従来は商品の開発や製造を行なわない業態の小売店などが、独自に企画・開発を手がけて展開する、「自主企画商品」のことです。プライベートブランドの商品の製造は、他社に依頼する傾向にあります。

「Private Brand」の頭文字をとって、「PB商品」と呼ばれることもあります。OEMは、PBを作るために用いられる手法の1つと考えてよいでしょう。

プライベートブランド(PB)とは?メリット・デメリットや成功させるポイントを紹介

ホワイトラベル

ホワイトラベルとは、他社が開発・製造した商品やサービスを、自社ブランドの名前で販売することです。ホワイトレーベルと呼ばれることもあります。

ホワイトラベルの言葉の由来は、製造段階で真っ白のラベルが貼られている商品からきており、その状態から、ブランドのイメージやコンセプトに合わせた仕様に作り込まれていきます。ホワイトラベルは、OEMとほぼ同義の言葉として使われることをおさえておきましょう。

ホワイトラベルとは?意味やメリット、適している商品例をご紹介

OEMとODMの製造事例

ここからは、ヘアケア商品を含めた化粧品業界における、OEMおよびODMの活用事例をご紹介します。自社のOEM・ODM導入に際して、参考にしてください。

OEMの製造事例

大規模な製造設備を保有していない会社でも、機能性の高い商品を打ち出せることが、OEMの特徴です。たとえばヘアケア商品であれば、カラーやパーマで傷んだ髪にうるおいを与える商品や、加齢とともに気になり出す頭皮トラブルへのケアに特化した商品も、OEMの活用により誕生しています。

分野に特化した高い技術をもったOEMメーカーを選べば、機能性の高い商品の生産が可能です。さらに、アフターフォローまで受けられるOEMメーカーを委託先として選択することで、売上の向上が期待できるでしょう。

化粧品OEMの選び方を完全解説!納品までの基本的な流れや具体的な探し方もご紹介
化粧品OEMは売れない!? 6つの失敗要因と売れる方法を解説

ODMの製造事例

化粧品業界は、ODM生産が浸透している業界の1つです。ODMメーカーの主導により、開発や設計の段階から、協業して進めていくことが可能です。そのため、異業種から参入するなど化粧品の製造経験がない場合でも、高品質な商品を生み出すことができます。

また、化粧品製造・販売の関連法規の知識がなく、化粧品製造業許可や医薬部外品製造業許可を取得していない企業でも、市場に参入できることも大きなメリットといえるでしょう。

ODMメーカーからの提案により、成分を厳選したヘアケア商品や髪質、肌質、頭皮、髪の悩みに特化したヘアケア商品なども、ODM生産によって作られています。

中野製薬オリジナル「ナカノ式OEM/ODM」が選ばれる理由

当社では、独自の開発・生産受託スタイル「ナカノ式ODM」を展開、いわゆるOEM/ODMスタイルにとどまらないきめ細やかなサポートが評価されています。

“お客様ファースト”に徹したオーダーメイド・カスタマイズ開発

60年にわたり理美容室のプロが納得する品質のヘアケア商品を数多く開発してきた当社独自のノウハウを活かし、法人メーカーさまから寄せられる多彩なOEM/ODMに関する要望に柔軟にお応えしています。

特にこだわっているのが、徹底した“お客様ファースト”の姿勢。
当社で最も多いODMのスタイルは、お客様がベンチマークされている商品について成分や香り、効能などさまざまな角度から確認し、求められる品質と性能を実現するための処方開発を行います。
また、開発の段階においては社内モニターや各種テスターなどを活用いただき、お客様に納得いただけるまで商品改良を重ねます。

充実のアフターフォロー体制

通常のODM生産であれば、依頼された商材が出来上がり納品されれば完了となることが多いですが、当社では納品後もさまざまな形で販売支援を行います。

例えば、企業の営業担当者様や小売店販売員様向けに、当社が商品勉強会を開催することも可能です。当社の営業担当者、場合によっては処方開発担当者である研究員も同席し、商品の特長を分かりやすく説明いたします。
また、過去には小売店頭や催事に美容師を招き、来店者をスタイリングするといったデモンストレーションを企画・実施し販売を支援したこともあります。

理美容業界での高い実績と商品知名度

当社は60年間にわたり、多くの理美容室で使用されているスタイリング商品を開発・製造してきました。その品質は『サロンクオリティ』と呼ばれ、業界内でも広く知られています。

この高い実績と商品知名度による安心感からか、化粧品会社さまや化粧品企画会社さまなどのファブレス企業さまより「サロンクオリティのヘアケア商品を一般消費者向けに展開したい」というOEM/ODMのご相談・ご依頼が多く寄せられています。

OEMとODMの違いを理解してオリジナル商品を作ろう

OEMとODMの主な違いは、商品の設計や開発を行うのが委託側なのか、受託側と委託側が共同で行うのか、という点にあるといえます。

OEMは、商品の設計や開発までを委託側が行い、受託側企業が商品を製造する方法のことです。一方でODMは、商品の開発・設計段階から、委託側と受託側が協業して進める点が特徴です。ただし最近は、OEMとODMの線引きが曖昧になりつつあります。

中野製薬は創業以来、美容室とともに歩んできた経験に、トレンドや最新の技術を加えて開発を行うため、最先端の商品開発が可能です。オリジナルのヘアケア商品の製作を検討しているなら、中野製薬のOEM/ODM事業の活用をおすすめします。