代表取締役社長

中野 孝哉

Top Message


社会課題を解決できるような


「メーカー以上の存在」を目指して、


挑戦を続けています。

お客様とともにいかに“美”の
新しい価値を創っていけるかが使命。

業界の動向は社会変容や景気などが大きく影響しますが、それにくわえて昨今のコロナ禍で人々の生活は大きく変化し、美容業界も少なからず影響を受けました。そのような中でも、理美容市場(プロフェショナル市場)全体で見ると大きな落ち込みは見られず、いかに“美容室に行く”ということが生活者の日常生活に溶け込んでいるかということがうかがえました。

また、こうした社会変化は、美容のトレンドにも大きく作用し、このトレンドは我々メーカーの提案にも深い関わりをもつものです。時流を敏感に察知しながら、「水は売らない」というナカノイズムに象徴する真摯なモノづくりで、高品質な製品を誠実にお届けするとともに、ただ良い商品を創り続けることだけではなく、美容室という事業全体をトータル的にサポートし、お客様とともにいかに“美”の新しい価値を創っていけるかが弊社の使命といえます。

弊社は創業以来60数年間、美容業界のプロフェッショナル市場をメインに事業展開を行い、常にサロン様・美容師様に寄り添い、お客様とともに商品の開発からサービスの提供を行っています。プロである美容師様とともに成長し培ってきたノウハウこそが弊社の強みであり、このノウハウを現在掲げている3つの挑戦のひとつである「4つのチャネルへの挑戦」に活かし、プロフェッショナル市場だけでなく、リテール市場、グローバル市場、ODM/OEM市場に積極的に展開をしています。

働く上で社会人としての“人間性”が
とくに重要であると考えます。 

髪を綺麗にすることは、どれだけデジタル化が進んでも “人だからこそできる”領域です。だからこそ弊社のモノづくりも美容師様、お客様に寄り添うことを1番大切にしており、そんな“人”がカギとなる業界だからこそ、働く上で社会人としての“人間性”がとくに重要であると考えます。弊社で仕事をしていくにあたっては、新しいことに常に興味を持ち続けること、そして様々なことを敏感に受信・発信できるような、実直な探求心を常に持っていただきたいと思います。

また現在弊社は、ホップ・ステップ・ジャンプと称した各3年ごとの計9カ年計画を立て、現在はそのゴールに向けてどんどん速度を上げている中間期間にあたります。序盤のホップ期で積み重ねたものが少しずつ結果として見え始めた段階で、コロナ禍を理由にすることなく、さらなる飛躍を目指して果敢に挑戦をしています。
今後弊社がどのくらい飛躍することができるかは、これからの時代を担う社員ひとりひとりのアイデアとパワーにかかっているといっても過言ではありません。

私は、ひとりひとりが“NAKANOの顔”として、「自ら率先して新しいモノ・コトを創り出せる」――そんな人財を求めており、これから入社される皆さんにチャレンジするチャンスを提供することをお約束します。弊社には、新たなチャレンジができる環境と前向きにチャレンジする姿勢を歓迎する風土があります。与えられたチャンスをつかんで、皆さん自身もそして企業としても、ともに成長していきましょう。

高い志をもった意欲的な皆さんとの出会いを楽しみにしています。

NAKANOの未来

「美(Beauty)」は人々にとってかけがえのない存在であり、暮らしを心から豊かにしてくれる存在でもあります。弊社は、コーポレートメッセージ「日々 美を ともに」にある様に、美が特別なものではなく、すべての人にとって身近な存在であって欲しいという想いを込めながら、お客様はもちろんのこと、あらゆるステークホルダーの皆様とともに価値を創り上げ、サステイナブルな業界・社会に貢献しています。

ぜひ、NAKANOでともに成長し、明るい未来を創っていきましょう。