NAKANO ONLINE STORE
CORPORATE

MESSAGE

会長メッセージ

中野製薬株式会社 代表取締役会長 中野 耕太郎

中野製薬株式会社
代表取締役会長 中野 耕太郎

 平素は弊社並びに弊社商品をご愛顧賜り、心より厚く御礼申し上げます。
 さて、昨年は1月1日に新社長が誕生し、私は会長に就任しましたが、その直後からコロナウイルスの感染拡大が顕著になり、私どもの化粧品業界・美容業界を含め日本経済そして世界経済にも甚大な影響が現れました。その結果、回復を続けていた日本の景気は急激に後退する形となり、いま多くの業種・業界が大変厳しい局面に立たされています。
 こうした中、「ニューノーマル」と言われるように、今まで常態であったことがそうではなくなり、普通ではなかったことが日常になるといった状況が生まれつつあります。私どもの仕事においても、「在宅ワーク」や「リモートワーク」など、非日常的であったことが当たり前となり、政府が進めようとしている「働き方改革」が、いわば捻じれた形ではありますが強制的に実現されたと言ってもいいかもしれません。
 このようにコロナ感染拡大前と物事の価値観や考え方、取り組み方が大きく変化した今、弊社でも今までの枠にとらわれない変革や挑戦が一層求められています。
 今年も弊社は、こうした社会状況を障害としてではなく逆にバネにして、攻めの姿勢をもってあらゆる課題の解決とお客様への新たな提案に取り組んでまいります。是非、皆様におかれましては、倍旧のご支援を賜りますようお願いいたします。

社長メッセージ

中野製薬株式会社 代表取締役社長 中野 孝哉

中野製薬株式会社
代表取締役社長 中野 孝哉

 日々 美を ともに Shaping beauty together

 弊社は昨年1月に新体制となり、私が新たに代表取締役社長に就任いたしました。お陰さまで、あれから1年が経ちましたが、就任直後から新型コロナウイルスの感染が拡大し、その影響で世界中が試練の渦に巻き込まれ、本当に激動の年でした。同時に、世の中の価値観が大きく変化し、これからはニューノーマル時代として今まで以上に過去の判断や慣習に捉われず、新たなモノ・コトに取り組んでいく必要があると感じさせられる年でもありました。
 美容業界におきましても、この1年間で「美容の素晴らしさ」そして、いかにお客様が美容室へ足を運んで頂くことが特別なことなのかに改めて気づくことが出来ました。この大切な想いをこれからも忘れることなく、美容室へ足を運ばれるお客様が単なる「顧客」ではなく「ファン」となって頂けるように、「やっぱり、いいな、美容室」提案を積極的に進めてまいります。

 また、今年も弊社では、美容業界、リテール、海外、そしてODM/OEMといった、あらゆる市場のお客様に対して、顧客目線に立ったご信頼いただけるモノづくりはもちろんのこと、弊社に関わる全ての皆さまとともに社会課題を解決できるような「メーカー以上の存在」を目指して、サステイナビリティ(持続可能性)への挑戦を続けて参ります。特に昨年から注力しておりますデジタル変革は、美容業界はもちろん、様々な業界の将来性を大きく広げることにつながると確信しており、これからも皆さまにデジタルとリアルを融合させた新しいコミュニケーションや体験のご提供ができるように取り組んでまいります。

 「日々 美を ともに」というコーポレートメッセージにある様に、美が特別なものではなく、すべての人々にとって身近な存在であって欲しいという想いを込めながら、これからも未来の可能性を広げてまいります。
 今年もどうかNAKANOにご期待いただきますようお願い申し上げます。