第2剤がヘアカラーを変えた。

SUSTINOはNAKANOが独自に開発した新たなヘアカラー施術で感じる不快感からお客様を解放します。
お客様の頭皮負担を大幅に軽減することに成功したサロンカラーの未来を見据えたヘアカラー剤です。

お気に入りに登録する

製品ラインナップ

  • サスティノ オキサイド 06

    サスティノ オキサイド 06

    医薬部外品

    • 1050ml
  • サスティノ オキサイド 02

    サスティノ オキサイド 02

    医薬部外品

    • 1050ml
  • サスティノ 第1剤

    サスティノ 第1剤

    医薬部外品

    • 80g
※ヘアカラー(医薬部外品)は、使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。
※今までにヘアカラーでかぶれたことのある方には、絶対に使用しないでください。また、皮膚アレルギー試験(パッチテスト)もしないでください。
※ご使用前には毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。
「かぶれ」と「皮膚アレルギー試験(パッチテスト)」については「日本ヘアカラー工業会」のWebサイトをご覧ください
http://www.jhcia.org/advice/

製品ラインナップ

製品特性

頭皮負担を軽減しつつも良好な染色の「ハイブリッドベース」

お客様に生涯にわたってヘアカラーを楽しんでいただくために、頭皮への負担を軽減しながら、 良好な染色が得られる「ハイブリッドベース」を開発しました。

エマルションの特性について

エマルションの特性について

エマルションの特性について 通常、ヘアカラー剤は第1剤、第2剤ともに水相の中に油滴が存在するO/W(水中油滴)型エマルションでできています。このエマルションは、アルカリや過酸化水素が水に溶けていて、毛髪や皮膚に対して作用しやすく、染色性が良い反面、頭皮への負担につながりやすいという特性があります。一方、W/O(油中水滴)型エマルションは、油の中に水滴が浮いている状態のクリームで、水滴中にアルカリや過酸化水素といった成分が溶け込んでいます。このエマルションでは、水滴中の成分が毛髪や皮膚に作用しにくく、頭皮への負担が生じにくい反面、染色性が悪いという特性があります。

ハイブリッドベースとは

ハイブリッドベースとは

ハイブリッドベースとは タイプの異なる2つのエマルションを組み合わせることで「頭皮負担の軽減」と「良好な染色性」という、それぞれの利点を活かした、まったく新しいヘアカラー用基剤です。

ラインナップ

ラインナップ

ラインナップ

ページトップへ

pageTop